前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

107339 re(1):心の拠り所
2022/3/30(水)07:13 - りんこ - 1017 hit(s)

引用する
現在のパスワード


レモンさんと同年代です。アメリカ在住です。
わたしもこのトピを読んで、色々と考えさせられました。

「心の拠り所」
わたしにとっての心の拠り所は母でした。
数年前に母が他界するまでは、毎夏、母の介護のために帰国していました。
今思えば、その行動こそが心の拠り所だったのかもしれない、と思います。

母が他界して、帰る場所を失くしてしまったような気持ちになりました。
実家はありますが、もう「帰る場所」とは言えない、と思いました。
でも、実家を継いだ姉(独身です)が、「いつでも帰って来てね」と言ってくれます。

一昨年はパンデミックで帰国出来ませんでした。
帰る理由があるわけでもなし、しょうがない、と思って過ごしていましたが、昨年の夏は2年ぶりに帰国を強行しました。
自分自身でも驚いたのですが、それまでいつ帰国出来るのだろうと、途方に暮れ、思い詰め、はらはらと泣いてばかりいたのです。
ちょっと、精神的に不安定になっていました。普通に仕事も出来てはいたのですが。
それから、姉に背中を押されたこともあり、帰国を決意、強行しました。
コロナのテスト、陰性証明取得、ホテルでの強制隔離、そのあとの自主隔離など、本当に大変でした。
でも、帰って良かったです。特別なことは何もしませんでしたが、故郷で自分を取り戻せた気がしました。
そして、
「魂が一番休息したがっている場所は郷里だ」
と、横尾忠則氏が言ったことを思い出しました。

歳を重ねるにつれ、郷里が恋しいという気持ちが強くなってきています。
わたしの夫はアメリカ人で、定年後、ふたりでどのように生きていくのか、今はまだわかりません。
夫への愛情はありますが、動けるうちに郷里に帰りたい、という気持ちもどこかにあり、それはだんだん大きくなっている気がします。

と、ここまで書いて思ったのですが、もしかしたら、この先、自分が心から望むことを見つけ、豊かに生きること、それを見つけていくこと。
それが、わたしにとっての心の拠り所なのかもしれないです。

うまく言えなくてごめんなさい。


〔ツリー構成〕

【107334】 心の拠り所 2022/3/24(木)10:43 レモン (698)
┣【107335】 re(1):心の拠り所 2022/3/26(土)08:27 Minami (1279)
┣【107337】 re(2):心の拠り所 2022/3/28(月)15:03 レモン (1941)
┣【107338】 re(1):心の拠り所 2022/3/29(火)22:14 普通の主婦 (1113)
┣【107347】 re(2):心の拠り所 2022/4/29(金)11:49 レモン (489)
┣【107339】 re(1):心の拠り所 2022/3/30(水)07:13 りんこ (1706)
┣【107348】 re(2):心の拠り所 2022/4/29(金)11:57 レモン (598)
┣【107342】 re(1):心の拠り所 2022/4/2(土)21:41 エール (1050)
┣【107349】 re(2):心の拠り所 2022/4/29(金)12:04 レモン (287)
┣【107344】 心が拠り所 2022/4/3(日)13:01 dryangle (1076)
┣【107350】 re(1):心が拠り所 2022/4/29(金)12:40 レモン (730)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.