前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

107484 re(1):心理的虐待について
2023/9/28(木)21:00 - ロスト - 443 hit(s)

引用する
現在のパスワード


読んでいると、虐待の要素も多いと感じます。多分、ご主人もそいいう叱り方をする親の元で育ったので、他の方法を知らないのかもしれません。

私の元夫も、同じように説教が始まると延々と1時間一人で説教し続けたり、子どもたちや私に対してYou are so Stupidその他諸々と、決めつけるようなことを、しょっちゅう言っていました。

別れてから、色々虐待について勉強したのですが、英語でいうとNarcicistと言います。日本語で一般に言うところのナルシストとはずいぶん意味は違います。日本語サイトでも最近ナルシシストで検索すると色々出てきますが、ちょっと違うと思うことがあります。rinnakamura.hatenablog.com/?page=1642998137 こちらのサイトは日本語ですが、かなりわかりやすいです。英語が大丈夫でしたらYoutubeでDr. Ramaniで探してみてください。私は目からぼろぼろ鱗でした。

ご主人は自分の行動が、どんなに家族を傷つけているかをまったく自覚していないのでしょう。多分、色々さんが言っても無駄かもしれませんので、やはり実費でもファミリーカウンセリングは必要だと思います。(それでご主人が変わるかはわかりませんが。)

元夫は、怒鳴るのは私達が怒鳴らせる原因であり、怒鳴るのを怖いからやめてと言うと、自分は怒鳴ればすっきりして、根にもたない性格なのだと言ってのけていました。怒鳴られて、次の日も引きづってる私の方が、根暗で悪いというのが夫の論理でした。

些細なことでいつ怒るかわからない日々は、いつ地雷を踏むかわからないので家族は皆、元夫の機嫌をうかがって暮らしており、くつろげる家庭ではありませんでした。本来なら家庭と家族こそ安心して休める場所であるはずだと思います。

カウンセリングに行って心理的虐待とみなされて施設なんてことはないです。どうしてもご主人がカウンセリングに行かないようでしたら、色々さんが家族のいざこざの範疇なのか、それとも虐待に当たる領域なのかを見分けられるように学ばれてからご主人と話し合ってみるといいかと思います。

もし、それを言い出せないようなご主人との間柄であるのなら、それこそがご主人が精神的に虐待している証拠だと思います。


〔ツリー構成〕

【107481】 心理的虐待について 2023/9/21(木)13:15 色々 (2649)
┣【107482】 手当てと膿み出し 2023/9/26(火)11:30 dryangle (1964)
┣【107483】 re(1):手当てと膿み出し 2023/9/27(水)08:10 色々 (422)
┣【107487】 心の共振現象を活かす 2023/9/29(金)09:24 dryangle (1810)
┣【107484】 re(1):心理的虐待について 2023/9/28(木)21:00 ロスト (1814)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.