夢・希望 

| コメント(0) | トラックバック(0)

s-0045.png今、ひきこもり100万人、ニート、85万人、不登校児童10万人、フリーター400万人ともいわれています。この大きな原因の一つに、将来に対して夢や希望を持てない児童・生徒・若者が増加していることがあげられています。

 

しかし、子どもたちと接していますと、(本校の小学生の将来の夢の一部ですが) 外科医、看護士、介護士、パティシェ、保育士、測量士、プロ野球の選手、漫画家、卓球の選手、など多種多様な返事が返ってきます。夢とは違いますが、水泳で50メートル泳げるようになりたい。陸上大会で自分の記録を伸ばしたい。テストで良い点数を取りたい。このような気持ちを持って学習している子がたくさんいます。子どもは子どもなりに夢や希望を持っています。どんなに小さく、どんなにヘンに思えるものでも、その夢や希望に耳を傾けて聞くと真剣に考えているのです。

 

私たち大人の役割は、

○その子どもたちの声に真摯に耳を傾けてあげること。けっして、「プロ野球の選手、無理、無理などと、言わないこと。」たとえ、困難と思えることでも最後まで話を聞いてあげる姿勢を大切にしてほしい。


○自分の経験や長い間にわたって苦労して夢を実現した人々の生き方などを話してあげてほしい。元プロサッカー選手や歌舞伎役者の話を聞いているときの子どもの目の輝きは本物です。
○毎日の生活の中の成功体験を子どもたちに味あわせてほしい。


逆上がりのできない子どもが1ケ月毎日練習した結果、逆上がりができたときの喜びの顔は忘れられません。全く泳げなかった子が夏休みビート版を使って練習した結果、水泳記録会で25メートル泳ぎ切った時の晴れ晴れとした顔は美しいものです。


 社会情勢が厳しい時代だからこそ、夢や希望を持って生きていける子どもたちを育てていきたい。                      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/1165

コメントする

最近のブログ記事