「やる気」

| コメント(0) | トラックバック(0)
yaruki.png保護者の皆さんから「やる気」を育てるにはどうせればよいか、という質問を受けます。やる気を持たせるには、次の3つの要素を大切にしたいものです。

1 好奇心「おもしろそうだ」と興味や関心があれば誰に言われなくても自分から「やってみよう」という気持ちになります。先日、私が勤務している学校に「仙台フィルハーモニー管弦楽団」方が来校して演奏してくれました。その時の、子どもたちの表情は言葉に出ないほどのすばらしいものでした。どの子も時間を忘れ演奏に聴き入り、音楽を体で表現していました。さすが、プロだと感じました。子どもたちは敏感に感じっているのです。

学校生活の中で考えてみますと、A男は、国語や算数の授業に集中しないと担当の先生が悩んでいます。しかし、そのA男が楽しそうに話してくれました。「ぼくね、鮠(はや)を釣るのがうまいんだよ。」そして、魚釣りについてとてもわかりやすく上手に話すのです。授業中に話をしない子とは思えないほどです。

B子は、読書をほとんどしない子です。その子が「珍獣ハンターイモトの動物図鑑」に完全にはまっているのです。わからない語句があると辞書を片手に調べていました。(「珍獣ハンターイモトの動物図鑑」日本の人気番組で発行している本、大人の私も完全にはまっています。)

「好奇心・興味・関心」は、子ども自ら見つける場合もありますが、私たち周囲の者が環境を設定してあげることも大事ではないでしょうか。教育関係者としては、子どもたちの実態を考慮した環境をできるだけ配慮したいと考えているところです。 (続く)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/1117

コメントする

最近のブログ記事