トマトはトマト・メロンはメロン

| コメント(0) | トラックバック(0)
 教 師や保護者が子どもに対して期待を持っていれば、知らず知らずのうちに影響を与え、子どもの能力や成績が期待する方向に成長発達し、逆に期待できないと考 えれば、その通りの期待できない結果になるという教育上の効果(ピグマリオン効果)があると言われています。ここで大切にしたいのは、相田みつおさんの自 著「人間だもの」に書かれている次の言葉です。

 「トマトにね、いくら肥料をやったってさ、メロンにはならないんだな。」そして、「かっこいいメロンになれと尻をひっぱたかれて、ノイローゼになったりやけのやんぱちで暴れたりしているトマトが、いっぱいいるんじゃないのかな。」

 私は、トマトはトマトなりにメロンはメロンなりに、良さを最大限に伸ばしてあげられよう努力しているところです。

 教え子で、友達のお世話が大好きだったA子さん、今は特別養護老人ホームで生き生きと働いています。友達がたくさんいたBさんは地元で理容師をしています。学級で一番本を読んだCさんは教師をしています。

みんな、その子なりに輝いた人生を送っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/352

コメントする

最近のブログ記事