日本語に接する機会を増やそう

| コメント(0) | トラックバック(0)
海外では、日本語にふれる時間が少ないため、日常生活の中で、できるだけ子どもが日本語に接する機会を増やしてあげることが重要と考えます。ここで、考 えなくてはならないことは、各家庭毎により日本語を学ぶ目標が違うということを保護者の皆さんがしっかりと認識して他人の子とけっして比較しないことで す。

 次に日本語に接する機会を紹介します。家庭の実態に応じて取り組んでください。

1 家庭内での日本語での会話を大事にする。
 (意図的に時間を設定する)

2 日本語で書かれた絵本や小説、教育教材を部屋におき、保護者も日本語の本を読む。

3 日本語のビデオテープを視聴する。
 (ビデオ内容の検討も必要です。)

4 子ども向けの新聞、雑誌、漫画を部屋におく。 (漫画の内容の検討も必要です。)

5 日本語テレビ、ラジオを視聴する。

6 日本のお祖父さんやお祖母さん、友だちと手 紙やメールの交換をする。 

7 子ども向けインターネットホームページを活用する。

8 日本語で話せる友人を持つ。

しかし、せっかくの海外での生活です。現地の友人と交際したり観光名所に出かけたり各種の行事に積極的に参加して異文化の世界を楽しむことも大事と考えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/303

コメントする

最近のブログ記事