カウンセリングマインドを生かす授業

| コメント(0) | トラックバック(0)
 「カウンセリングマインドを生かした授業を」と、叫ばれてきているが、では具体的にどのような授業なのかと考えてみました。次のようなことは、どの先生も日常の中で実践していることと思いますが、

1 子どもの話をうなずいて聴く。

子どもの問いかけに対して、「うん」「はい」「なるほど」という。うなずいて聴こうとする姿勢が、子どもに発言しやすくさせ、安心して学習に取り組めるようにさせる。

2 気持ちを受け止める。

その時の子どもの気持ちを受け止め、言葉にすることが、子どもに自ら行動しようとする気持ちを抱かせる。

3 子ども同士の橋わたしをする。

子どもの思いを教師が代弁したりすることが、子どもに自分が大切にされていると感じさせ学級内の人間関係を深める。

4 子どもの発言内容を明確にする。

私が 子どもたちと接する場合の心がけを述べましたが、家庭においても、カウンセリングマインドを生かした会話のあるところに、信頼関係は強くなります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/343

コメントする

最近のブログ記事