家庭で育てるバイリンガル

| コメント(0) | トラックバック(0)

 バイリンガルを育てるうえで最も大きな役割を担うのは家庭である。もちろん学校の役割も大きいが、学校の役割は家庭で育った言葉の上にもう一つの言葉を 加える、あるいは、家庭で育った言葉をより強めるという役割であり、バイリンガルに不可欠である母語を育てるのはあくまでも家庭である。日本にいると、外 国語のために親が心を砕いて努力するということは理解できても、母語である日本語を育てるために努力するというのはわかりにくいだろう。また、日本で「日 本語」を育てるというと、「国語」の勉強と混同されやすい。学校の教科の一つである「国語」というのは、日本語がすでにできる子どもたちに、より効果的な 表現の仕方、より深く読む力、鑑賞する力を培うもので、バイリンガル教育で問題にする「日本語力」とは次元の異なるものである。

「国語力」は「日本語力」を土台として高めるものであり、「日本語力」とは「国語力」の基礎として必要不可欠なベースラインの語学力といえる。

(バイリンガル教育の方法 中島和子著より)

海外の補習校で使用している主要教材の国語の教科書がバイリンガル教育に適しているかといえるかは疑問のあるところである。海外の日本語学、コミュニティスクール、一部の補習校ではそれぞれ教材や指導方法に工夫をして実践している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/333

コメントする

最近のブログ記事