思いやり

| コメント(0) | トラックバック(0)
人からもらう幸せだけでなく、人のためにできる幸せもある。

「バスや電車で席をゆずること」を小・中学生の65%は「していない」「あまりしていない」と答えています。弱い人を思いやり行動する愛情や勇気を持った 人に育てるために何ができるでしょう。思いやりの心は、子どものころからの日常における実践を通してはぐくまれます。まず親が率先してやって見せながら、 子どもたちが自然に妊婦や高齢者に席を譲ったり、障害のある人などが困っているときに声をかけたりすることができるようにしつけを行うことが大切です。

【バスや電車で席をゆずる小・中学生の割合平成10年調査】

必ずしている    9%
だいたいしている 26%
あまりしていない 35%
していない    30%

 今、日本では学力の向上とともに心の教育に力を注いでいます。そのために、高齢者の施設を訪問したり校外学習を通したりして思いやりの心の育成を重視しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/328

コメントする

最近のブログ記事