声を出して読むことの大切さ

| コメント(0) | トラックバック(0)
 なぜ教科書を声に出して読ませることが、文の内容を理解する上で有効なのか。

一 声に出させる意味

 ・記号としての文字が、意味をもつひとまとまりの言葉として意識されるため
 ・内容を考えながら読むことで、イメージが鮮明になるため。
 ・日本語の音韻、リズムを体得できるため。 
 ・声に出して読むという活動によって、授業が活性化するため。

 教科書を声に出して読ませると、極端に声が小さく一字一字拾い読みをする子どもがいます。そのような読みでは言葉や文脈の意味を読みとることができず、学習意欲が低下することあります。

二 指導のポイント

(ア) スリー・ステップを守って読ませる。

 ・発声・・・大きな声で
 ・発音・・・正しく
 ・よどみなく・・・すらすら
 ※ゆっくり繰り返し読ませる。

(イ) 良い姿勢で読ませる。

 ・肩から力を抜き背筋を伸ばす。
 ・ゆったりとした呼吸を繰り返す。
 ・教科書を読みやすい位置に持つ。 
 ※声が出やすい姿勢で読ませる。

(ウ) 聞き取りやすい読み方で読ませる。

 ・ゆっくり内容を考えながら
 ・句点や読点で息つぎをしながら
 ・気持ちをこめて

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/327

コメントする

最近のブログ記事