日本語環境をつくりませんか

| コメント(0) | トラックバック(0)

海外だからこそまずは日本語の環境を豊かに。

 海外で暮らす上で、一番気がかりなのは言葉です。とりわけ問題なのは幼い子どもを海外で育てねばならないということかと考えます。子どもは適応が早くて、言葉の吸収もいいから問題はないと容易に思ってはいないでしょうか。

 子どもが言葉を覚えるのは、家族をはじめ周囲に母語の環境があふれているからです。しかし、海外では、一歩家から出れば身の回りはほとんど現地の言葉で す。もちろんそれを吸収することも大事ですが、結果として母語の習得が中途半端になってしまうと、それこそ問題です。国内にいればあえて意識しなくてすむ 話ですが、海外では母語の環境をできるだけ豊かにする意識的な工夫が必要です。

 もし、子どもが英語で反応しても親が日本語でもう一度いってあげるだけでも大きい効果がでます。

例えば、こどもが リンゴを食べたいと英語で親に話したとき、そう、リンゴが食べたいのね。その言葉だけでも大きいです。これだったら、生活の中でもできますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/313

コメントする

最近のブログ記事