ことばで伝え合う気持ちの育つ場を

| コメント(0) | トラックバック(0)
 言葉は教え込んで覚えさせるものではありません。互いに思いを伝え、それを、一緒に使う場があって、自然な言語環境に触れることで、内側から育つものです。

 日々の生活の中でお父さんやお母さんに伝えたいことがある、聞きたいことがある。そういう思いがあふれる場であることが最大の言語環境です。文字を覚え て読んだりするときも同じです。文字を読ませる、書かせると考える前に、一緒に読みたい、読んでみたい、書いて伝えたい、子どもの中にそういう「したい」 気持ちの育つことが文字学習の出発点です。

 学校の様子をお父さん、お母さんが聞いてあげる。日本の友だちや親戚に手紙を書いてみるのも大事な方法です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/308

コメントする

最近のブログ記事