震災より3年経過

| コメント(0) | トラックバック(0)
poka11.jpg震災以降、県内の子どもたちと同様に本校の子どもたちも体力低下が顕著にみられました。また、子どもたちの自己肯定感や自己存在感が低く自分に自信を持てない子が増えてきているということも調査の結果判明しました。
 
そこで、本年度は、下記のような内容を重点項目として教育活動を進めているところです。

1.体力向上プログラムの推進をする。
 例 サッカー、水泳、スケートの専門的指導者を招聘しての授業をし、技能を高める共に生涯体育としてスポーツをする楽しさを味わう。

2.自己肯定感・自己存在感、思いやりの心の育成をする。
 例 高齢者疑似模擬体験やボランティア活動等を通して、子どもたち一人一人が活躍できる場と時間の設定し、自分が役に立っている、役に立とうとする意欲を高めていく。

3.ふるさと全体計画に基づいて、郷土学習の計画的に実施する。
 例 総合的な学習の時間に、震災からの復興や環境教育、地域巡り等について学習をし、ふるさとの良さを再発見し、これからの私たちの生き方について考える。

4.キャリア教育を学年の発達段階を考慮し、教育活動全体の中で推進する。
 例 スーパーや消防署など身近な場所で働く人たちについて学習する他、航空業界で働く(整備士やキャビンアテンダントやパイロット等)方の話を実際に聞いたり職業体験出前講座(パティシエ)を活用して実際にその仕事を体験したりして、職業について視野を広げる。

  毎日の小さな一つ一つの教育活動が少しずつですが実になっていくことを感じる時があります。下記の作文は、復興について書いた本校の子どもの作品です。

【東北の復興を支えるのはぼく達だ】
「オセーヤーオセー」「ヨーイトコリャサー」勇壮なかけ声が体育館にひびきわたります。東北の子どもとして、東北の漁師の踊りを心に込めて踊りたい。ぼく達5年生は、東北の民俗舞ように取り組むことになりました。演目は、宮城県を代表する民謡「さいたらぶし」です。

~略~

ぼく達は、「被災地3県の復興」をテーマに、被災地でがんばる人々の活動を調べ、小塩江地域の方々に発信する計画をたてました。そうすることで、福島がこの危機から立ち上がり、必ず復興することを地域の方たちにアピールできると考えたからです。一つ目は、東北への想い(被災地支援)。二つ目は、町作りデザイン、三つ目は、民俗芸能です。ぼくは、「防災と教訓」チームに入り、「桜ラインロード」について調べました。

~略~ 

ぼく達が住む福島は、「福が訪れる島」です。今、福島が置かれている困難は、ぼく達が力を合わせて取り組むことで、将来、より大きな幸福となって、ここへ帰って来るに違いありません。"災い転じて福となす"「福島に、東北に、そして日本すべての人々に、ぼく達の元気な姿がきっかけとなって幸福が訪れますように。」そう願いながら、東北の芸能を学び、受けついでいきます。

また、卒業生の将来の夢を聞いてみると、「地震でも壊れない建物をつくる建築士になりたい。」「震災で看護師が不足しているので、私は、将来看護師になって困っている人を助けたい。」「世界のたくさんの人が日本を支援していることがわかった。この感謝の気持ちを忘れずに、大人になったら人の役に立つ人になりたい。」など、東日本大震災を契機に子どもたちの成長の面が見られるようになってきました。

体力向上についても体力能力テストでA・Bの児童の割合が57%へ、自己肯定感や自己存在感の高い子も60%へと変容しつつあります。この数年間で少しずつですが児童の変容を感じることができるようになりました。

これからも、学校の教職員全員が共有し、同じ方向を向いて教育活動を積み重ねていくことにより震災を乗り越え、本当の「生きぬく力」を育んでいこうとしている毎日です

s-1085.png"クリエイティビティ"に関する世界的な意識調査(世界の成人5000人)の結果、世界で最もクリエイティビティ(独創力)な国にランクされたのが「日本」でした。回答者の実に36%、3人に1人が日本を世界で最も独創力のある国と考えているのです。2位のアメリカが26%ですから、その差は10%も開いています。

それを証明するかのように、毎年7月にパリで開かれる「ジャパンエキスポ」も1回やると20万人近い人が集まるようになりました。また、ロンドン五輪の開会式で誰に歌ってほしいかという国際的なアンケートで、1位になったのが「初音ミク」でした。結果的には元ビートルズのポール・マッカートニーが歌ったわけですが、日本が産んだボーカロイドなどの技術と、「ミク」というキャラクターが世界各国からの票を集めて1位になったのは快挙です。「技術」と「文化」という日本の強みを結集し、多くのファンが音楽や映像を通じて育てたという意味で、初音ミクという世界的スターは極めて日本的だと思います。

ところが、こうしたグローバルな評価があるのに、肝心の日本人の自己評価だけが異様に低い。同じ調査で日本人は自分のことをクリエイティビティだとは考えていないという結果も明らかになっていますが、これは大きな問題だと思います。(4月11日の福島民報にも「自分は価値のある人間だと思うか」の問いに日本人の36%が否定的な回答をしている結果が出ていました。)ここに日本の教育の課題があるのでは考えています。

私は、教育活動を行う中で、勉強も大事、しつけや生活習慣も大事、しかし一番大切なものは「自己肯定感」を育てることと考えています。日常生活の中で「あなたがいてくれて助かった」「自分は必要とされている」そんな経験を少しでも多く体感させたいと考えています。今、学校(各学級)では、○○委員会、○○係の一員として、自分の仕事を頑張っている姿がたくさん見られます。

無口で静かだった男の子が運動会の実行委員となり後輩に声をかけ、校庭のラインを引いている姿、清掃班の班長となり下級生に掃除の仕方を教えている姿、そのがんばりを見つけ評価してくれる先生、国語や算数などその子の弱点を克服しようと時間を見つけ個別指導をして「やればできるじゃない」と声をかけている担任の姿を大切にしたいと考えています。

また、私は、毎年、高学年の子どもたちを対象に次のような授業を行っています。

1 江戸時代(鎖国)の後、100年ほどで日本は、どのように変化したのか。
 ○世界に誇る文化(食文化・伝統工芸等)○平均寿命世界一 ○モノづくり大国

2 大きな成長をした日本人は、どんな生き方をしてきたのか。
 ○礼儀正しい ○約束を守る ○よく働く ○謙虚 ○中庸の精神

3 あなた方一人ひとりはみんな役にたっている。

 授業を終えて、自分自身の素晴らしいところを再発見し、子どもたちが自分の夢をつかむには、「直線型の人生だけでなく螺旋型の人生もあるんだ。」ということを理解してくれる子が一人でも多く増えていることが嬉しい限りです。

 子どもたち一人ひとりのオンリーワンを見つけ、ふるさとを愛する子どもたちになるように学校の全教職員が同じ方向を向いて教育活動を推進しているところです。

~ジャパン・アズ・オンリーワン(世界で独自の輝きを放つ日本の技)をめざして~

YOU CAN DO IT

| コメント(0) | トラックバック(0)
s-1096.png


 私が教師になってから、かわらぬ願いがあります。それは、「YOU CAN DO IT (君ならできる)」で一人ひとりの子どもに応じた、うぬぼれでない本当の自信を持たせたいということです。

 厚生労働省の調査によると、入社3年以内に離職してしまう大卒新卒者の割合がここ10年で平均30%程度いることが発表されました。また、成人男性で「自分に自信が持てない人」が40%以上いるという結果が出ました。更に、「私は価値のある人間だと思う。」と肯定的にとらえている日本人が10%に満たないというには数字には非常に寂しい想いと教育の有り様を考えさせられました。(昨年、本校の高学年の子どもたちに同様の聞き取りをした所、約半数の子どもたちが自分を否定的にとらえていました。)

 教え子の一人に体が小さく運動が苦手な子がいました。その子は、時々、教室の黒板や壁に自ら頭をぶっつけ泣き叫びました。「どうせ、ぼくなんか。」これが口癖でした。しかし、だれでも「友だちがほしい。勉強やスポーツができるようになりたい。」という気持ちは持っています。水泳の授業が大きなきっかけになりました。彼は、水に顔をつけることもなかなかできません。今まで何かしら理由をつけてプールに入ることを避けてきました。そこで、カンヘルパー(オイル缶の両方に取っ手をつけ、その取っ手に布をつけておき、それを体につけて使用・・・今のビート板)を彼の腰に付け練習を始めました。夏休みの猛練習のかいもあり8月末の水泳記録において、始めて25㍍を泳ぎ切ることができました。その時の彼の笑顔と友だちの声援は今でも忘れません。今、彼は難関の国立大学を卒業して社会人として大活躍をしています。成人してから水泳を通して自信と友人を得たと、私に話をしてくれました。

今、大切なのは、日本人としての誇りを感じさせ、一人ひとりが持っている可能性に気づかせるために、YOU CAN DO IT(君ならできる)をいろいろな場面で体感させることではないか考えています。

先日、高学年の子どもたちに世界に良い影響を与える国として、日本がドイツに次いで世界2位(世界各国の人が認めている)という事実。日本人の偉業(先進工業国、平均寿命世界一、モノづくり大国)や世界に誇る文化(食文化、アニメ、漆器・焼き物などの伝統工芸、松下幸之助氏や緒方貞子氏のような人的資産)を紹介しました。そのために、小学生として今何をすべきかを考える時間を持ちました。子どもたちの意識に変化が見られるようになりました。

○○さん、一輪車乗れるようになったね。練習したかいがあったね。

○○さん、こんなに難しい速さの計算できるようになったね。すごい。

○○さん、学校祭が大成功したのは、実行委員会の皆さんのおかげです。

私たちの役割は、毎日の授業やいろいろな行事の中で、「できたじゃないか。」「すごい。」「すばらしい。」「さすが。」など、そんな声を一人でも多くの子どもにかけ(支援を)続け、子どもたちにうぬぼれでない確かな自信をつけていくことではないかと考えています。

s-0039.png
 人と接するとき、相手の短所や欠点が目につくときがあります。子どもたちの中にも、その短所(?)を言葉や動作で指摘する場面が見られます。

 しかし、「○○君はこんなに素敵な所がある。」というように、その長所や美点を発見していけば、毎日が楽しくなるだけでなく、自分自身に『学び合う』姿勢が身に付き、長い目で考えた時、学力面だけでなく心身共に成長していきます。

 学校では、教科の授業だけでなく様々な教育活動を通して、そのような姿を目指しています。

 私は、一日の中で、数回、教室訪問をします。最近こんな姿を目にしました。休み時間に、高学年の子どもが小学1年生の読む本を声に出して読んでいました。静かに聞いていると登場人物になりきって読んでいるのです。「本の読み方とても上手だね。」と声をかけ、数日が過ぎました。

 図書室でその子が、小学1年生に本の読み聞かせをしているではありませんか。1年生が楽しい時間を過ごしただけでなく、その子も素晴らしい時間をもつことができたのです。そのことを担任の先生に告げると、担任の先生はみんなの前で読み聞かせをした子を称賛してくれました。すると、その温かさは、他の子どもたちにも波及していきました。

 毎日生活していると、社会や他人の批判が目につく世相ですが、子どもたちには、社会や他人の『すばらしい姿』がたくさんあることも私たち大人は伝えていく責任があると考えています。
福島は、世界中のあたたかい支援もあり、少しずつですが前に進んでいます。

 放射能という目に見えないものの数字だけが一人歩きして、何かしらの不安を感じながらも確実に一日一日が過ぎていきます。しかし、私たちの日本人の今までの歴史を考えると必ずこれを土台に明るい未来につなげていってくれることを信じています。

 特に、子どもたち

A:父を奪った海で人の命を助けたい。
B:建築士になって残された母のために家を建てたい。
C:原発に頼らないエネルギーを研究したい。
D:地震なんかにまけない頑固な家を建てる研究したい。
などの声を聞くと、私の好きな詩

「雨が降っても 曇っても 空の上は いつも 青空」を

子どもたちに伝えています。

s-0102.png 
子どもが伸びるための5つの習慣

1 早寝・早起き・朝ごはん
  朝ご飯をしっかり食べる子は授業に集中するという各種の調査結果がでています。

2 あいさつができる
  返事やあいさつがきちんとできる子は周囲から好感が持たれ友だちができます。

3 人の話をきちんと聞く
  先生や友だちの話を静かに聞くことが、学習の基本です。自分の考えは、人が話し終わった後で話す子は我慢強く、思慮深い子に育ちます。

4 時計を見て行動できる
  寝る時刻・起きる時刻など自分で時計を見ながら行動できる子は自立心が育ちます。

5 直接体験・間接体験を積み上げる
 家族の役割としての手伝いや読書などの継続が視野の広い子に育ちます。


s-1018.png先日、同級生A君に会いました。その友達は、中学校を卒業するとすぐに神奈川県にある工場に就職しました。その会社で40年間働いています。今は、100人ほどの工場の工場長をしています。その友達が忘れられない、とてもうれしいことがあったとその内容を話してくれました。

それは、「日本でノーベル物理学賞をもらった先生がいる。その先生が研究開発のために使った道具は、俺が作った。」というものでした。彼の請け負った仕事は、厚さ1ミリの100分の1の部品を作ったり、普通の建物の中に宇宙と同じような空間を作ったりというものでした。今は、そういう技術を日本だけでなくアジアやヨーロッパの人に教えるために、時々海外に出かけているようです。

私は、すばらしいなと思って、一生懸命話す姿にずっと聞きいっていました。中学をでてからの頑張りは、大変だったことは想像できます。「ずいぶん努力したんだな。」と話すと、こんな言葉が返ってきました。

「仕事でも勉強でもあきらめないこと。難しいことにぶつかっても続けること。そのうちにできるようになるもんだよ。」40年間、ものづくり一筋に続けてきたからこそ言える重みのある言葉でした。

 今、『努力』『忍耐』という言葉は敬遠されがちですが、A君のように小さな努力の積み重ねを通して、子どもたちに、『やればできる』という自信を持たせることが学校教育に必要不可欠ではないかと考えています。

保育士・ピアニスト・パティシエ・先生・スポーツ選手等本校の子どもたちの将来の夢の一部です。「こんなことをやってみたい。」「こんな仕事につきたい。」と考えた内容は多種多様です。子どもたちの夢実現に向けて、教育活動のいろいろな場面の中で、「何かを続けること」を通して、YOU CAN DO  IT (君ならできる)を体感させていきたいと考えているところです。


こどもたちの今

| コメント(0) | トラックバック(0)

sasas-1092.png少しの揺れで机の下にもぐろうとする子ども夜寝る時、ヘルメットや持ち出し物を準備しおく子ども

地震という言葉で、瓦が落ちるとか蔵が壊れるとか連想する子ども

指しゃぶりなど幼児かえりが見られる子ども母親のそばを離れない子ども

水道の水や電気を大切に使うようになった子ども

苦手だった野菜でも食べるようになった子ども

テレビが大好きだったのにテレビを見なくなった子ども

ニュースや新聞の記事に敏感になった子ども

家の仕事を何気なくするようになった子ども

「ありがとう」という言葉が自然にでる子ども

子どもたちの笑顔は、力強い希望を感じます。
 
ここ一か月で子どもたちは、明らかに変わってきています。(もちろん、大人もそうですが)
 
私自身が今、大切にしていることは、

1 正しい情報のもと、適切な判断をする。
テレビや週刊誌の情報を安易に子どもたちに話さない。そのために、より正しい知識(情報)を得るように努める。しかし、子どもの話をとにかく聞いてあげる。

2「一人ではない。世界中の人が支えている。長い歴史の中において、いろいろな自然災害や人的災害が起きてきたが、みんな乗り越えて今がある。」
 また、「災害の中で活躍している人、ボランティアの人、応援している人」など、何気ない会話の中で、子どもたちに伝えていく。(けっして押し付けにならないように)

3 短期・中期・長期の将来の希望を語る。

復興の光

| コメント(0) | トラックバック(0)

pokas-0834.png3月11日に突然東北・関東大地震が発生しました。

 私の勤務する学校も今まで経験したこともない大きな地震となりました。(自宅のある場所:震度7、勤務している学校:5~6)本校は、地盤が強固な場所にもかかわらず、学校周辺の瓦が次々と落下してきました。幸いなことに、子どもたちは、日頃の練習の成果(地震や火災)を十分に発揮して落ち着いて避難することができました。そのため、誰一人としてけが人も出ませんでした。その後、しばらくは、泣き叫ぶ、子どもたちを抱きしめていました。

  地震・津波そして、原子力発電所からの放射能の影響の大きさに私たちの生活そのものが変ってしまいました。水道管の破裂により水が出ない。ガソリンがない。電話が通じない。
食べ物がない。

 その後、毎日 テレビやラジオ、インターネットで流れる情報を繰り返し聞くたびに私たち大人でさえ不安を強く感じるようになりました。子どもたちの心の安定を図るために、(時間が経つにつれて、避難先が北海道、鳥取、島根、愛媛、奈良と広範囲にわたることを知り)3月17日に卒業式を行いました。(他の市町村では実施未定の段階のため、関係者との協議を何度も重ねました。)
 
 卒業式の中での話から~

 大地震の影響がまだ残る中、修業式・卒業式がこのような形になり、また、友だちも全員そろわない中で実施せざる得なかったこと非常に残念であり悔しい限りです。しかし、多くのご家族に見守られ、今日の式を行なうことができましたことに深く感謝申し上げます。 さて、修了生、卒業生の皆さん。校長先生から三つのことを話します。

 

一つは、作文や習字や絵画コンクールなどですばらしい作品を完成させ、たくさんの友だちが賞に入りました。地区大会で五年男子リレー一位、六年男子リレー二位になるなど田口旋風をおこしました。中には、自分なりに努力したにもかかわらず結果につながらなかった人もいます。しかし、練習しているときの表情は、とても輝いていました。だれもが、努力して結果が出ないときがあります。そんなときは、『花が咲かないときは、根を伸ばせ』です。結果は人によって、時間のかかる場合もあります。絶対に自分の夢や希望を忘れないでください。一人ひとり時期は違いますが必ず自分の花が咲きます。

二つ目は、歴史と伝統あるこの町に生まれ育ったことを誇りにしてください。皆さんが生活するにあたって、本当にたくさんの方が応援してくれました。このことを忘れないで下さい。
 ご両親をはじめ、ここに住む多くの人たちを愛し、感謝の心を持って生活していってください。

三つ目は、今回このような大震災が起きてしまいました。どのような状況がおきても必ずや元の状態になります。校長先生が以前努めていたアメリカにおいて、大きなビルが倒れ何千人という方が被害にあうということがありました。しかし、今は、元の状態にもどり元気に過ごしています。福島県も日本も必ず必ず元に今までの生活ができるようになります。皆さん、どんなに雨が降っても晴れない日はありません。世界中の国の人々が応援しています。けっして、けっして、あきらめず、なげやりにならず、お父さん、お母さん、福島県、日本を、世界の絆を信じて 頑張っていきましょう。

みなさん 今まで本当にありがとう。
 
そして、4月6日 復興の一筋の光と放射能の風評被害の中、子どもたちは避難先の学校で新たな入学式、始業式が始まりました。日本の明日を担う子どもたちを育てるために、私も、妻も、娘も子どもたちの待つ、学校へ、・・・・
  
遠い、アメリカの友人から多くの見舞いの電話をいただきました。感謝申し上げます。今回、世界の多くの国から支援を受けたことは、日本人として一生忘れない。感謝の言葉をどのような形で表わしたらいいかわからないほどである。ありがとうございます。世界中の友人。

これからも長い復興の道のりになるかと思う。しかし、未来を見つめて、生きていくことで恩返しをしたい。

夢・希望 

| コメント(0) | トラックバック(0)

s-0045.png今、ひきこもり100万人、ニート、85万人、不登校児童10万人、フリーター400万人ともいわれています。この大きな原因の一つに、将来に対して夢や希望を持てない児童・生徒・若者が増加していることがあげられています。

 

しかし、子どもたちと接していますと、(本校の小学生の将来の夢の一部ですが) 外科医、看護士、介護士、パティシェ、保育士、測量士、プロ野球の選手、漫画家、卓球の選手、など多種多様な返事が返ってきます。夢とは違いますが、水泳で50メートル泳げるようになりたい。陸上大会で自分の記録を伸ばしたい。テストで良い点数を取りたい。このような気持ちを持って学習している子がたくさんいます。子どもは子どもなりに夢や希望を持っています。どんなに小さく、どんなにヘンに思えるものでも、その夢や希望に耳を傾けて聞くと真剣に考えているのです。

 

私たち大人の役割は、

○その子どもたちの声に真摯に耳を傾けてあげること。けっして、「プロ野球の選手、無理、無理などと、言わないこと。」たとえ、困難と思えることでも最後まで話を聞いてあげる姿勢を大切にしてほしい。


○自分の経験や長い間にわたって苦労して夢を実現した人々の生き方などを話してあげてほしい。元プロサッカー選手や歌舞伎役者の話を聞いているときの子どもの目の輝きは本物です。
○毎日の生活の中の成功体験を子どもたちに味あわせてほしい。


逆上がりのできない子どもが1ケ月毎日練習した結果、逆上がりができたときの喜びの顔は忘れられません。全く泳げなかった子が夏休みビート版を使って練習した結果、水泳記録会で25メートル泳ぎ切った時の晴れ晴れとした顔は美しいものです。


 社会情勢が厳しい時代だからこそ、夢や希望を持って生きていける子どもたちを育てていきたい。                      

s-0942.png日本の小・中学校は、まもなく卒業式を迎えます。1年間で子どもたちの成長には、大きなものがあります。そんな子どもたちを見て感じたことを今回は紹介します。

 「雨だれ石をうつ」

という言葉があります。ポタポタ落ちる細く弱い雨、だれでも努力という力によって、固い石にも穴をあけることができるということです。つまり、小さな力でも、それなりに打ちこんで努力すれば、どんな苦難な壁でも突破できるということです。子どもたちを見ていて、「雨だれ石をうつ」そんな結果を出した友だちがたくさんいます。

昨年、作文や絵画コンクールなどですばらしい作品を完成したり、スポーツ大会では多くのいろいろな種目において入賞しました。中には、地区の大会で新記録を出した子もいます。

しかし、その子なりに努力したにもかかわらず結果につながらなかった場合もあります。そんな子も充実した笑顔で1年間を終えることができます。それは、一人ひとりの子どもたちが自分の成長の様子を実感したからかと考えます。

努力して結果出ないときこそ、家族の励ましが大切です。その子の努力の過程やほんの少しの成長を認めてあげることこそが次につながるのです。

『花が咲かないときは、根を伸ばせ』

と言い続けています。

私は、勉強でもスポーツでも、努力すれば必ずや自分にプラスになって帰ってくると信じています。結果は人によって、時間のかかる場合もあります。そんな時こそ、努力の継続をしたいものです。それが目に見えない根を育てているのです。その根は、どんな実になり花が咲くかを考えるととても楽しみになります。

最近のブログ記事