前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

75972 世界の耐えられないランダムさ & 人間の選択する「物語」
2017/11/2(木)01:04 - あとむ - 264 hit(s)

引用する
現在のパスワード



人間一般に、「ごくランダムに物事が起きる」という事象は納得し難い
ようで、観察した事象に関して(たとえそれがランダムに起きたことでも)
常に理由・因果・意味を探し、「物語(英語ではNarrative)」を構成し
て説明しようとする欲求・心理があるようです。

例えば、「雷に打たれた」事象を、「○○したことへの天罰だ」という
物語として解釈したりするのがその典型でしょう。

物語は真実である必要はなく、観察した事象をその人に納得できるよう・
受け入れやすいように説明できればよいようです。

物語は、一度人間の心に根付くと、時にその人の人生を左右するような
強い影響力を持ちます。

広義的には、神話や宗教もそういった物語のひとつと言えます。

物語は、その質も内容も色々です。

失敗を経験した人が、そこから教訓を学び成長した(+後に成功にこぎつ
けた)といった物語はよく聞きます。事実を調べて見ると、必ずしも、
そんな単純な話では無かったりするんですが、当人は、そういう物語を
構成することで、失敗から次のステージに移ることができるのでしょう。

一方、自分で色々問題を起こしておきながら、「この事件で自分は被害者
である」という物語に固執して、いつまでも責任を避けて回り成長しない
人もいます。

世の中には、その人にとって非常に有益な物語もあれば、その人を苦しめる
物語、果てはその人を破滅に追いやる危険性を持つ物語(カルトやMLM等)も
あります。

精神的に豊かな人生を歩む人達は、人生の要所要所で豊潤で可能性に富む物語を
選択していると思います。

もし、一定の物語に苦しめられるならば、一度その物語を放棄して、出来事は
ランダムに起きるもので、意味・因果・理由の物語は後になって自分が構成した
ものであることに思い出してみるのも良いと思います。


〔ツリー構成〕

【75968】 自分の身に起こること。 2017/10/31(火)13:48 考える人 (914)
┣【75969】 re(1):自分の身に起こること。 2017/10/31(火)19:23 全てが必然 (629)
┣【75972】 世界の耐えられないランダムさ & 人間の選択する「物語」 2017/11/2(木)01:04 あとむ (1515)
┣【75974】 re(1):自分の身に起こること。 2017/11/2(木)14:11 ダンベル (1301)
┣【75989】 re(1):自分の身に起こること。 2017/11/10(金)21:41 旋律 (1051)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.