産後スタイルのための産後整体のすすめ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 エッセイを書き始めて始めてはや10ヶ月。昨年の8月に、最初の原稿を読まれた時 に妊娠初期だった人も、もう出産を終えられたはず。その後も続々と新しい読者の皆 さんが、連載を読み始めておられることでしょう。妊娠中の腰・恥骨・脚の付けね・ 尾骨の痛みなどについての、原因と対策は私のホームページにもバックナンバーがあ りますのでぜひお読みくださいね。では、今回はとても気になる産後のスタイルにつ いてです。

骨を整えると痩せるというのは本当ですね。(最初は、ほんまにぃって感じでし た すいません)すっかり元の体重に戻りました。(見た目はもっと痩せてます)  長年のお尻の痛みから解放された上に、お通じもよくなって、更に痩せるなんて、ほ んまにすごい!」 これは千葉県のKさんから届いたメールです。彼女は初めての妊 娠で立てないくらいの腰痛になり、大阪府に住む実母に手伝ってもらいながら、半年 間子育てをしてきました。インターネットで私を知り、実家から2時間以上かけて私 のサロンに通い、3ヶ月間で8回の施術後、千葉の自宅から届いたのがこのメールで す。

 彼女は3歳頃から骨盤や背骨の歪みのため、定期的に病院に通っていました。歪み が良くなるわけでもなく、小学4年生からお尻が痛み始め、働き始めた頃には脚もし びれだしたとのこと。最初にうちに来られた時は「これで真っ直ぐに立っているつも り?!」と疑うほど背中〜腰がグニャッ。その立ち姿があまりにも印象的で、3ヶ月 ほどして髪もショートになって現れた時は「エエーッ?」と見間違うくらいスリムに ! 歪んだ背骨がシャンと伸びれば、その分身長も伸び、下腹もへっこみ、元気に歩 けてシャキシャキ家事や育児ができれば体脂肪も減る。反対に身体の痛みで外出も おっくうになると、ストレスもたまって、ついついお菓子に手が伸びると、、、。結果は言うまでもないですね。

kanima.jpg 肥満、お尻や下腹に肉が付く以外に多いのが、ガニ股=O脚です。妊娠前は両膝が くっついていたのに、産後にくっつかなくなり、2人3人産むごとにひどくなってい く人があります。こんな人が70歳になったら? そう、日本では町でよく見かけます よね、両膝が30cmも離れてしまっているオバアチャンを。日本以外ではどうなんで しょうね? ヨーロッパでは見かけないと聞いたことがありますが、靴が良いからな のでしょうか? それと、オジイチャンでそんな膝の人を見たことがありますか?  私はないです。そうなんですよ。女性の骨盤はゆるく、出産を重ね、歳を重ねるごと に、太ももの骨が骨盤から外に向ってのびるように骨盤が変形していき、両膝の間が 開いていくのです。そうなりたくないですよね。そのためには、産後は我慢できる程 度の腰痛と思っても、骨盤を整えることをお勧めします。

 産後に骨盤を整えることは日本ではまだまだ普及していません。ところが、京都市 左京区のHさん(フィリピン出身)いわく、「フィリピンでは腰を直してくれるオバサ ンがあちこちにいて、産後はそこに行くのが当たり前になっている。やり方もここと ほとんど同じ。日本ではそんな所がないと思っていたけど、保健所から来た助産婦さ んに、こちらを教えてもらえて良かった」と。産後の骨盤ケアはフィリピンの方が大 分進んでいるみたい! 皆さんの国ではいかがですか?

フィリピンの情報がまた一つ。つい先日うちに施術に来られた香港のC さんからのメールです。「うちで働いてるフィリピン人のお手伝いさんに聞くと、向 こうでは産後整体をやってくれることが常識と言ってました。また産後一ヶ月以内外 出はしないことや、ほとんど安静にすることも常識で、周りに産後のトラブルになる人なんて、彼女はまだ聞いたことがないといってます」。Cさんは日中ハーフなので 日本語も上手。前回のメルマガに書いたフィリピン出身のHさんから話を聞いた時は 「彼女の住んでいた周辺だけのことでは?」とちよっと疑ったのですが、やはりそう ではないようですね。

「日本も早くフイリピンに追いついて、妊娠中〜産後の腰痛や身体の不調に悩む女性 が少しでも減りますよう」と願いつつ私は毎日働いています。

 それから、フィリピンの情報がまた一つ。つい先日うちに施術に来られた香港のC さんからのメールです。「うちで働いてるフィリピン人のお手伝いさんに聞くと、向 こうでは産後整体をやってくれることが常識と言ってました。また産後一ヶ月以内外 出はしないことや、ほとんど安静にすることも常識で、周りに産後のトラブルになる 人なんて、彼女はまだ聞いたことがないといってます」。Cさんは日中ハーフなので 日本語も上手。前回のメルマガに書いたフィリピン出身のHさんから話を聞いた時は 「彼女の住んでいた周辺だけのことでは?」とちよっと疑ったのですが、やはりそう ではないようですね。

「日本も早くフイリピンに追いついて、妊娠中〜産後の腰痛や身体の不調に悩む女性 が少しでも減りますよう」と願いつつ私は毎日働いています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/84

コメントする

最近のブログ記事