こどもの時の小さな事故が体の歪みに

| コメント(0) | トラックバック(0)

【ケース1】
小学校5年生の時、学校で椅子に腰掛けようとした時に、後ろから椅子を引かれて 激しく尻もちをついた。数日してもお尻から腰全体の痛みが強いため、親に連れられ て整形外科を受診しX線検査を受けたが、「骨はきれい。そのうちに治るでしょう」 と言われた。しかし、その後も授業中に座っているのも辛いほど痛みが続き、月日が たつにつれて痛みは背中にまで及び、肩こりもひどくなった。私学への進学もあきら め学習塾もやめて、いろいろな治療を受けたが良くならず、事故から1年半ほどたっ た頃、親に連れられて私のサロンに来室。骨盤から背骨全体が激しく歪んでいた。中 学1年でお母さんより背も高く体格も立派なのに、まだ初潮はない。

よくある学校での悪ふざけから、こんなことになるとは本人も両親も夢にも思わな かったことでしょう。最初にかかった整形外科で診断書を書いてもらっておらず、学 校保険への請求もしておらず、1円のお金も返って来ていません。その後、健康保険のきかないハリ・整体・カイロと、莫大な出費だけでなく、椅子を引いた子にも、その親御さんにも、学校の先生にもわかってもらえない精神的な辛さ、勉強も習い事も クラブ活動も思いっきりできないいら立ち、初潮がこない悩みなど、計り知れないも のがあります。

初潮と事故との関係ですが、>「生理不順がひどい。赤ちゃんができない」などの悩 みの相談は、私のサロンでは毎日のようにあります。このような悩みを持つ女性は、 骨盤の中心にある仙骨の歪みが強いことが多く、仙骨調整後すぐに妊娠した人も数名 ありました。ケース1の中1の女の子も、「初潮がそろそろ来そうな時期に仙骨を歪 め、卵巣機能が抑制されてしまったのでは?」と私には思えてし方がありません。    

腰痛や肩こりで来られた人で、骨盤の歪みの激しい人に「何か激しく腰を打ったり 尻もちをついた記憶はありませんか?」と尋ねると、たいていは「ああ、そう言えば ・・・」と思い出しながら語ってくださいます。「車に当てられた」などの交通事故 もありますが、それより多いのはささいな日常の出来事です。「小さい頃に玄関のコ ンクリートの上に落ちたことがあると母が言っていた」、「幼稚園の時に階段から落 ちたことを覚えている」、「小学校の時にドッジボールを蹴ろうとした時に、うっか りボールに乗り上げてしまって、お尻から地面に落ちた」、「カチカチに凍りついた 雪道で尻もちをついて、しばらく尾てい骨が痛くて大変だった」、「バレーボール部 で毎日骨盤を打ちまくっていた」、「坂道を自転車で姉と二人乗りで下っていた時、 猫をよけるのに姉が急ハンドルを切ったら、私だけ道路にお尻から落ちた」、などな ど。尻もちをついてX線検査を受ける人も少ないし、例え受けたとしても骨折の画像 が写るわけでもなく、そのうちに治ると誰もが思うんですよね。

【ケース2】  
「毎晩『頭が痛い』と泣くので困っている」と、小学1年生の女の子を、お母さん とお祖母ちゃんが連れて来られた。見ると骨盤と第1頚椎歪みがすごい。すぐに両方 とも整いその日から頭が痛いと言わなくなった。ところが半年後、「スノーボードに 行って帰ってきてから、また毎晩頭が痛いといって泣く」と再びお祖母ちゃんに連れ られて来た。前回同様に歪んでいた。両親はアウトドアスポーツが大好きで、小さい うちから子どもにもいっしょにしていた。

このように、首や頭のトラブルもなかなか多いです。「小学校のころから頭痛持ち だった」と言う人も時々あり、「親からは『なんや、子どものくせに』と言われて相 手してもらえなかった」と言う人、「お母さんに連れられていろんな病院に行き、い ろんな検査も受けたが『異常なし』と言われた」など、さまざまです。

それ以外に、「椅子に座っていたところ、後ろからポンと頭をたたかれたひょうし に、コキンと音がした。その後10年たつのに、首や肩の凝りがひどく、頭が割れそ うに痛んで薬を飲んでもあまり効かない。吐き気がしたり気分がいつも悪くて、一生 このままかと思うと辛い。頭をたたかれたことも誰にも取り合ってもらえず辛い」と 言うケースもありました。  

皆さん、お子さんの身体の歪みと痛みの訴えには、十分に注意を払ってあげてくだ さいね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/71

コメントする

最近のブログ記事