脊椎分離すべり症

| コメント(0) | トラックバック(0)

【質問】

はじめまして、31歳の主婦です。高校生の時に脊椎分離症と診断されましたが、 その後通常の生活を送れていたのですがここ5年くらいほとんど毎年ひどい腰痛で 寝込む時期があったため整形外科医に診てもらった所、脊椎分離すべり症であると 診断と受けました。 MRI撮影の結果神経にはひどい影響はでていないとのことで 早急な手術はせず様子を見ようということに当面は落ち着きました。 今は痛みは 落ち着いたものの、無理をしない生活を送っています。

そこで、質問させて頂きたいのですが、今年の8月に渡米の予定があり、10時間の 飛行中に腰が痛くなったりまたすべりを悪化させてしまうようなことになったら という不安があります。 とこちゃんベルトはこんな状況で、飛行中につけてもよい のでしょうか?また、渡米後も米国で痛みを感じるような時や、また、旅行に でかける時にとこちゃんベルトで保護をするような使い方をしてもよいので しょうか? 

【アドバイス】

分離症もすべり症も画像にハッキリ写るため、腰痛の原因として診断されやすい病名です。しかし、貴女が腰に感じている痛みの全てが、それらによるものと断定できる証拠は何もありません。すべり症の場合は骨盤にも問題があるためにすべっていることが多く、当然骨盤性の腰痛もあるはずと思います。

分離症はあっても腰痛の原因とはならないことが多いと思います。MRI撮影では神経にはひどい影響はないとのことですので、一度身体の歪みのチエックをされてみてはいかがでしょうか? 

トコちゃんベルトはもちろん飛行中に着けると腰が保護されて楽だと思いますし、長時間立っている時に着けていると腰痛がかなり緩和されます。骨盤を固定しますのでコルセットのように筋肉が弱ってしまうこともありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sweetnet.com/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする

最近のブログ記事